Light Falling On Existence / P.R.E.M featuring Tokiko Ihara

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

天空から射し降ろす光を顕わすという日本の伝統楽器である笙の音色。
鳳笙とエレクトリックドローンの融合。



01 越天楽 Etenraku 7:01
02 Light Falling On Existence 6:47
03 Sky And Earth 5:22
04 Quantum's Dance 6:45
05 The Unknowable Spectacle 5:45
06 Voice to Respond 7:04
07 Recurrence 7:30


井原季子(鳳笙奏者)
世界各地の文化を集めたシルクロードの終着地・奈良に生まれ、日本文化の栄華を極めた京都にて学生時代を過ごす。同志社大学文学部美学及芸術学専攻卒業。和歌山高野山の守護である丹生都比売神社にて巫女舞の修練中、笙と出会う。豊英秋氏、中祥元氏、築山健三氏に師事。伝統文化と精神性を探求しながら、日々研鑽を重ねつつ、寺社仏閣での奉納演奏をはじめ国内外にて様々なアーティストとの合奏を行う。

P.R.E.M
Kanata Musicの音響音楽ユニット。サウンドスケープと民族音楽、民族楽器の響きを再構築し、静謐なアンビエントミュージックを追求する。